やっぱり1人ご飯がいい。

2人暮らしだけど、1人でお気楽食事がいい。けれど料理は無。 日々雑感、生活難、家族難多彩。内向的?毒舌が特徴。

海外ドラマ翻訳の違いで、別ドラマみたいな感覚

1つのドラマにハマると、トコトン見まくる私なのだが、

4月にアマゾン経由のスターチャネルで何10回と見た

ゲームオブスローンズ 最終章』

 

いい場面は懲りずに巻き戻しで、繰り返し見るしつこい性格。

余りにも見まくったので、自分の中では終わった~~と思っていたが、

スターチャネルは、その時だけの契約で即刻解約したのだが、

世間の予想どうりで『Hulu』でも10月より放映が始まった。

 

ウオーキングデッド』や『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

も見たかったので 再び『Hulu』と契約。

 

面白くなくなったら、いつでも解約と思うので、

再び『ゲーム・・』を見た。

 

内容は充分わかっているので、余裕のマイペースで視聴。

だが?スターチャネルで字幕で見たのとなぜか?感覚が違った。

あれ?リメイクか?と思うほどの内容の相違的な部分があった。

 

これは、私だけ感じるのか?それともこれだけ執着したので

細かい所まで完全に見過ぎてしまったせいなのだろうか?

 

たとえば、1例を言うと、死の軍団と戦い最後までデナーリスを守り抜いた

ジョラー・モーモントの死に際の言葉は スター・・では 『もうダメです・・』

だったのが 『痛い・・・』

なのだ。

 

その他にもなぜか?トンチンカンな翻訳が多い。

私的には、『スター・・』の方が感情を多いに備えた表現翻訳が

見られた。

これには興ざめする部分多し。

 

英語能力のある方だと、色んな表現を想像する能力がおありだろうが

正直、『Hulu』の翻訳はイケてなかったのではないか?

と思う。

私のように同じドラマを何回も見てる身とすれば、

なに?過っては『ゲーム・・』を独占放送してたのに、

 

 

残念~~~ん!!!滝汗滝汗滝汗

と言いたい!

 

しかし?中毒になったドラマも終わると もぬけの殻になっているので

次の新しいものを求めるが 余韻で爆死しそうなので

久々に日本のドラマを見る事にした。

『同期の桜』や『まだ結婚出来ない男』とか見ると中々新鮮である。

f:id:blackcatwally:20191023225213j:plain